ダッチワイフの簡単な開発の旅

最初のキャラクターのラブドールは17世紀にフランス人とスペイン人の船員によって作られ、布などの素材を使って作られ、彼らが持ち運びのために長い間航海したとき、彼らはそれをダッチワイフと呼んだ。船員は必要に応じていつでも緩和するためにこれらの人形を使用しています。

20世紀後半には、性的実験の方法として使用され、人々が性感染症に晒されるのを防いだため、リアルラブドールの人気が高まりました。これは人形を広く利用できるようにします。彼らはハイエンドのTPEとシリコンのリアルドールを作り始め、セックスに使いました。彼らは外観をよりリアルにリアルにします。そのため、女性ラブドールの制作には、髪の毛の色や目の色、肌の色合い、場合によっては本物の人間の髪の毛など、より詳細な機能が含まれています。

21世紀初頭以来、何百もの個性的な人形が生産されてきました。現代のテクノロジーのおかげで、今日では点滅、点滅、唇の動きのシミュレーションなど、他のことができるハイエンドのリアルラブドールを購入することができます。もちろん、ハイエンド人形には、小児性愛者が使用できるセックスラブドールも含まれています。ノミを話したり、なめたりするためにノミをコード化する人もいれば、人工流体オルガスムを含む本物のセックスを模倣するための骨盤プロペラやモーターを持っている人もいます。